2014年08月31日

当たり!!

大した話ではないけれど くじ運の悪い私にとっては久々のヒット

昨日マンション恒例の”夏祭り”があった。その最大の催し物は全住民の大抽選会。
その抽選で 早々に初めての当たり 景品は「富士山の水 2Lx6本」
いや〜びっくりした〜。これまでいつもはずれで ティッシュ・ペーパー1箱ばかりだったので 今年もそうだろうと思っていただけに 当たりexclamationと聞いたときは少々びっくりexclamation×2
今年はさっちゃんと一緒に参加したから 運が向いてきたかな?

posted by 大ママ at 14:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

固定観念

最近 固定観念とはおそろしい?ものだと気が付いたことがある。

昔から三次地方では「ワニ(サメのことを言う。何サメかは知らない)」を刺身で食べる。子供の頃 そのワニは山陰の日本海で採れたものだった。真偽のほどは知らないが あの「因幡の白兎」に出てくるワニだと思っていた。そして最近まで信じて疑いもしなかった。

この頃は いつも三次からSさんのお姉さんが冷凍物を送って下さるので私はそのお相伴にあずかっている。先日 彼女が冷凍庫から出してきたワニの「ラベル」を見て あっと驚いた。
そのラベルには 「刺身用ワニ宮崎産(ネズミ)」とある。加工者はAコープ三次 広島県三次市・・・」となっている。更に「100g 480円」とあるので二度びっくり。意外と高価。(ネズミ)と言うのは??
宮崎産の「ワニ」が三次の名物料理になっている。

「ワニ」と言えば 山陰産で安い魚とばかり思っていた。
Sさんに「このワニ 宮崎産だって。知ってた?」。彼女もえっ?と驚いた。三次在住の友人にも聞いてみた
が知らないという返事。私と同様「ワニ」は山陰のものと信じ込んでいるらしい。でもちゃんとラベルに書いてあるんだから。いかに皆ラベルを見ていないか?

考えてみれば 最近は食材の産地は世界中に広がる。魚類でもノールーウエー産とかチリ産とか東南アジア産中国産とか。私は魚を買うとき 必ず産地をチェックする。だから「ワニ」について見ても「宮崎産」であっても驚くことは無いのだが。しかも列記とした国産なんだから。 
まあ 子供の頃からの固定観念と言うか 頭が固いというか・・ いやはや・・。


  

posted by 大ママ at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

近況

@ 先日久しぶりにSさんを訪ねた。彼女が懐かしい郷里の味「ばらずし」が食べたいというので 作った。「ばらずし」とは「もぐりずし・ちらしずし」ともいう。具として椎茸・干瓢・れんこん・人参・ごぼう・高野豆腐などを煮たものを酢飯に混ぜる。それに母はよくしめ鯖を入れていた。トッピングとして錦糸卵やさやえんどうなどである。冷い茶碗蒸し 三次の味鮎寿司とわにの刺身に日本酒などで 久しぶりの暑気払い。

Sさんは相変わらず腰を二つ折りにして おまけに首が前に曲がってきて頭が下がり ダンゴムシのような格好で歩く。それでも頑張って一人暮らしをしているのには感心する。
それにつけて 二人で大笑いしたことがある。
「この間から不思議なんだけど下着など洗濯物が何枚か行方不明だったんだけど やっと見つかった・・」
(どこにはいってたの?)
「この間雨模様だったので 風呂場の入口の所に苦労して物干しハンガーを掛けたの。踏み台をもってきて」
(危ない!もう一寸下へかければよかったのに〜。転んで骨折でもしたら大変よ。私もこんな高いところにハンガーが掛かっているわ。多分ヘルパーさんが掛けていったんでしょうと思ってたわ)
「ヘルパーさんが休みだったので・・。いつも腰を曲げて下ばかり見て歩いて上の方を見ないもんで 干してあるのに気が付かなかった・・」
アハハハ・・・ 歳は取りたくないもんだ・・ 笑えない話だが二人してお腹の皮がよじれる位大笑いした。

A 私がSさん宅へ遊びに行った時は 決まって何人かの郷里の親しい友達に電話しておしゃべりする。電話同窓会である。その一人Aさんの近況報告。
彼女曰く「私は 死支度が出来たよ。先ず遺影を撮って お棺に入る時の着物も決めたわ。今毎日写経をして暮らしてるの。用意万端ととのいました」
(へ〜 凄い!準備が良いのね)
「最近Yさんが亡くなったそうよ。クラスの皆もそろそろの年頃になったし 最後の〆はKさんお願いね。私先に逝って待ってるからね」
(まあ〜そんなこと・・ 最後にはなりたくないわ・・)
「元気でね・・・」
(そんなこと言ってる人に限って 中々お迎えが来ないからね・・)

※後日談 Yさんの訃報は誤報だったと連絡が来た。香典送らなくて良かった。〜笑〜

B私はと言えば 今現在は@のSさん程でもなく AのAさんのように人生の整理整頓もつかないまま 大食漢の孫のための献立に 日々頭を悩ませている状態である。まだまだ逝かれそうにもない。

〜長生きサンバ〜 じゃないけど
まだまだ若い まだ若い 100歳なんて まだ若い
ひょっとして迎えに来たならば
頃見て行くよと言いなさい
ビバ サンバ 長生きサンバ ビバ サンバ ビバ!ビバ!
posted by 大ママ at 16:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

原爆の日

今年も8月6日・8月9日の原爆の日がやって来た。被爆69年目の夏。6日広島は珍しく雨の原爆忌となった。松井広島市長は 広島平和宣言の中で核保有国の為政者の皆さんには「早期に被爆地を訪れ 自ら被爆の実相を確かめてください。そうすれば必ず 核兵器は決して存在してはならない「絶対悪」であると確信できます。その「絶対悪」による非人道的な脅しで国を守ることを止め 信頼と対話による新たな安全保障の仕組み作りに全力で取り組んでください」と呼びかけた。唯一の被爆国である日本政府には「我が国を取り巻く安全保障環境が厳しさを増している今こそ 日本国憲法の崇高な平和主義のもとで69年間戦争をしなかった事実を重く受け止める必要があります…」と訴えた。同感!!
今日の長崎平和宣言や被爆者代表者の言葉の中にも 安倍内閣が閣議決定した集団的自衛権の問題についても危惧の念が投げかけられた。

安倍首相は神妙そうな顔で聞いていたが どのような気持ちでいたのだろうか?
一方 安倍総理の挨拶は 通り一遍の内容で 何の感慨も湧かなかった。

今年も「原爆展 足立区原爆被害者の会主催」が8月5日から9日まで 区役所で開かれた。7日は「被爆者の証言とミニコンサート」が行われ 私も参加した。これまで多くを語らなかった人達も 年老いた今ぼつぼつ話し始めている。被爆69年経った今 被爆者の高齢化が進み もうこの先あまり時間が無い。この凄惨な体験を今の中に内外の若い人たちに伝え 核兵器が二度と使われることのない平和な世界の実現に頑張ってもらいたいという気持ちからだと思う。

私は直接被爆したわけではないが 原爆投下後2週間以内に 爆心地から2q以内に入市した。被爆者救護に駆り出されたからである。先年その体験を「証言の会」で話した。又 原爆被害者の会では 各証言をDVDに記録する作業を進めており 今年は私の証言も収録される予定でいる。少しでもお役に立てばと思って。


posted by 大ママ at 15:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

今日から夏休み

昨日さっちゃん・蓮ちゃん2人の孫たちが秋田へ帰り ようやく今日から私の待望の夏休みに入った。
このところ ずっと忙しかったので 少しのんびり骨休めをしよう。どこか温泉にでも行きたい気分 いい気分(温泉)
読みかけの本も読みたいし 友人のお見舞いにも行きたいし・・・

それにしても 2人いなくなると静かで 手持無沙汰で 急に淋しくなった  
posted by 大ママ at 09:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

ハンバーグ

(今日はハンバーグを作ろうか?)

「わーい!賛成!!」

(さっちゃん 手伝って〜)

「は〜い」

(材料をしっかり捏ねて 5個に丸めてちょうだい。あなたたち2ヶづつ 私1ヶ。空気を抜いてまん中を少し凹ませて・・)

「どのぐらいの火で 何分ぐらい焼く?」

(そうね〜 始めは中火で 焦げ色が付いたら裏返してふたをして 弱火で5〜6分。タイマーをセットしといたら)

「セットしなくても 大体わかるよ」

(いや 料理は科学よ。材料はきちんと計量して 時間はセットしといた方が良いよ。慣れたら目分量でもいいけどね)  あ〜 妙に大げさなことを言っちゃたあ〜。

「焼き具合はこの位でいい?」

(真ん中に竹串射して澄んだ汁が出ればOKよ)

「わ〜出来た。次はソースを作ろ。ウスターソースにケチャップを入れてっと」

「蓮ちゃん ソースの味見して〜」

『おいし〜い』

中々上手くできました。二人とも大満足な夕食のハンバーグでした。 
さっちゃん嬉しくなって 写真を撮ってお父さんにメールしたらしい。


 
posted by 大ママ at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 颯湖と蓮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カレーにソース

先週はドライカレーを 今週はスープカレー?を作った。ドライカレーはおいしいと言って食べてくれたが今週のカレーは珍しく蓮ちゃんからクレームがついた。と言うのはいつものカレールーではなく フレークタイプのカレーを使ったら 煮込んでも中々とろみがつかずスープカレー風になった。

蓮ちゃんに味見させたら
(味がうす〜い。私はもっと味が濃くて とろみがついた方が良いんだけど・・)
これ以上煮込んでもとろみは付きそうにないし どうしよう?

そうだ!「大ママが子供の頃はカレーには必ずウイスターソースをかけて食べたわ。結構おいしいよ」

(蓮ちゃん ソースかけるの嫌だよ。とろみは片栗粉を使えばいいでしょ)

「はいはい」

味はソースを加え 片栗粉でとろみをつけてごまかした。
「これでどうかしら?」

(うん いい味になった)

ひょんなことから昔を思い出した。カレーには必ずソースをかけて食べたものだ。いつの頃からかけなくなったんだろう? 

 
 
posted by 大ママ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 颯湖と蓮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

今朝の会話 続

今日は蓮ちゃんとの会話

(蓮ちゃん 買い物に行くから一緒にいかない?)

「今日はいつになく体がだるいから・・

 昨日は近くの郷土歴史博物館へ行こうと言ったら

「今日は気分が載らないから明日にする

一日中家にいてゲームばかりやっているから 少し連れ出そうと思いましたが何とかかんとか屁理屈を言って動きません。まあ〜 暑いのに一緒に出掛けてもお互いペースが合わず草臥れるばかり。
やーめた。


posted by 大ママ at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 颯湖と蓮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

今朝の会話

今日は東京都吹奏楽コンクールの日 演劇   これまで夏休み返上で練習に励んだ成果や如何に?

7時40分 さっちゃん「いってきま〜す」

(行ってらっしゃい。がんばってね)

「はい」

(帰りは夕方になるわね?)

「はい いずれにしても 日のある中に帰ります

日のあるうち ネ・・・わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
posted by 大ママ at 10:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 颯湖と蓮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

200kcal×3人

このところ 天気予報の地図はどこも真っ赤。毎日暑いですね。

夏休みになって蓮ちゃんが秋田からやって来ました。我が家はエアコンがリビングにしかありません。この猛暑に当然父親と娘2人がリビングに集まって来て 3人が布団を並べて寝ることになります。

普通人一人が200kcalを発熱すると言います。200kcal×3人・・・みんなが集まると何だか暑い!! 3人とも大きいし 若いし。冷房も2〜3度下げないと・・・

さっちゃんとれんちゃん姉妹も久しぶりに会ったからか 最初の1〜2日は仲良くしていましたが そろそろ喧嘩が始まり よけい暑くなります 

 
posted by 大ママ at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 颯湖と蓮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひまわり

140729_1333~01.jpg
 高さ25pあまりの茎の先に花が1ヶついた向日葵を100円で買ってきて植えた。
その花が終ったので切り落としたら 下方の脇芽がドンドン大きくなって 4〜5ケの花が咲いた。
こんな向日葵は初めて見た。
posted by 大ママ at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯メールから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

父子

「この赤ん坊 あなたの子よ」と妻に言われれば 夫は「そうだね」と言うしかない。これは昔の話。

1900年 ABO血液型が発見され その遺伝法則も解明された。その後次々と新しい血液型が発見され それらを用いての親子鑑別(自然科学的な方法を用いて生物学的血縁関係(主として父子の関係)の存否)が行われてきた。長年これらの血液型検査が主役であった。
近年さらにDNA鑑定が行われるようになり「生物学上の父子関係」がより明確に確認できるようになった。

一般に親子鑑別は裁判所の命令で法医学の専門家が行うことが多い。しかしその生物学的父子関係の結果が そのまま父子関係の結論とはなら無い。裁判所は生物学上の親子鑑定の結果に加えて 諸々の法律上の判断も加えて結論を出す。

この度提訴された2件の訴訟ではいずれも婚姻中の妻が 夫とは別の男性の子供を2009年に出産。妻子側は99.99%以上の確率で妻とこの男性の子供だとするDNA 鑑定の結果をもとに夫との父子関係の無効を求める訴えを起こしたものである。

すなわち「DNA鑑定で血縁関係が無いと判明した場合 法律上の父子関係を無効にできるかどうか」が争われた上告審判決で 最高裁小法廷は「鑑定で血縁関係が否定されても 父子関係は無効にできない」との判決を下した。

父子の血縁より法を優先した判断になった。民法を重視する結果となったが 果たしてこれでいいのか? 社会の変化と法が現状に合わなくなってきていることも見られる。願わくは子の不利益にならないよう法の整備が望まれる。

因みに 親子鑑定の結果と裁判所の判決が異なった例として あの喜劇王チャップリンの裁判がある。チャップリンはある女優が生んだ子がチャップリンの子だと提訴された。専門家が血液型検査をしたところABO血液型でもMN型血液型でも父子関係は否定された。しかし 裁判所の判決はチャップリン敗訴となり養育費を払うよう命じられたという。その理由はよくわからない。


posted by 大ママ at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

優秀賞

140722_0904~02.jpg
 さっちゃんはお魚を食べるのが とても上手。
今日の朝食はアジの開きでした。先日もタイのあら炊きを作りましたら
これもきれいに食べてくれました。ただ目玉だけは苦手。コラーゲンがあっておいしいのに・・
優秀賞を差し上げます。
posted by 大ママ at 09:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 颯湖と蓮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

脇役

先日テレビで「祖父母の孫への接し方について」意見交換をしている番組をやっていた。色々意見が出ていたが 祖父母は孫可愛さのあまり ついつい自分本位で手を出しすぎる。「あくまで子育ての主役は両親なので 祖父母は良い脇役に」と言うのが結論だった。特にこの番組の対象は幼児中心の話だった。確かにそうだと思う。

さて私もこの春から中二の孫と彼女の父親と3人の同居が始まった。その折「私は食事の世話は 責任もってするけれど学校の事や躾けなどは親が責任もってやって」と言う約束をした。
父親は仕事で夜は晩く一緒の食事が出来ないのでせめて朝食だけでもと思い 5時半起床 朝食の支度をする。夕方は7時に間に合うように調理を始める。これまでは何事も自分本位に行動していたが そうは行かなくなった。

学校の事は父親がやっているが 家での生活や健康などについては 知らないと言う訳にはいかない。男親では気が付かない事や家での生活面では 母親が傍にいないしやっぱり私がやらなければならない。脇役に回るわけにはいかない。かといって完全に主役と言う訳にもいかない。

見るに見兼ねて 勉強しなくていいの?とか脱いだものはちゃんと整理してとか言っても一向に動かない。放っておくとおもむろにゴソゴソ。この前も 明日は試験があるというのに勉強もしない。普段もしないけど。あまりのひどさに声を荒立てて叱ったら テレビを付けて勉強を始める始末。「そんなことでは頭に入らないでしょ」と私がテレビを切ったら「頼むからつけて・・」ですって。それでいて試験の結果を見ると結構できている。本人は「もう一寸頑張れば 学年でトップに入れたのに悔しい」『今は勉強しなくても何とかなってるけどその中必ずついていけなくなるよ』
妹もテレビをつけて漫画をちらちら読みながら算数をやってるという。

私など信じられない!!右脳も左脳も同時に働かせて勉強するの? 以前はラジオの”ながら族”と言うのがあったが それどころじゃない。ひどい話。一事が万事このような始末では脇役どころか 私の出る幕ではなさそうだ。飯炊きばあさんに徹している方が身のためかもねがく〜(落胆した顔)
 
  
posted by 大ママ at 12:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

瓜二つ

「あ〜 びっくりしたexclamation

昨日外出から帰って 廊下ののれんを開けた途端 眼に入ったもの 椅子の脇から横たわるにゅーと太い脚。よくよく見れば我が家のお嬢さん。
「まあ〜 お行儀の悪い・・」と言いかけたが 次はグッとこらえた。

ついこの間まで背はどんどん伸びて 私などとっくに追い抜かれたし なんて長い脚なんだろうと思っていた。ただし小学生時代は片道1時間以上も歩いて通学していただけあってがっしりした足になっていたが。

朝食後「さっちゃん あんたの太い足にそっくりになってきたわね」と小さい声で息子に話していたら 聞こえたらしく
『そう あーちゃん(母方のおばあちゃん)も同じこと言ってたよ』と屈託ない。
「昨日もお父さんかと 一瞬思ったけど 若いお嬢さんに太い脚なんていうと失礼にあたると思って黙っていたのよ」

アハハハ・・・わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)  
posted by 大ママ at 10:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 颯湖と蓮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

140711_1834~01.jpg

7月11日夕方 急に降り出した雨が上がり 西の黒雲の下から
真っ赤な燃えるような光が辺り一面を射す。

あっexclamation 虹exclamation×2 すぐ目の前に。 (ベランダから) 
posted by 大ママ at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯メールから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

大ママのご飯 美味しいね

「さっちゃんが大ママの作ってくれるご飯は美味しい。学校の給食はおいしくない」と言ってるよとお父さん。

『あら そう いつも”おいしいね”とか”うまい!”とか言って食べてくれてるけど お父さんにはそんなこと言ってるの? その褒め言葉 素直にうれしいね。よく家のご飯より給食の方が美味しいという子が多いと聞くけど』

これでも毎日 朝晩いろいろ考えて作っているんですよ。それに父親ゆずりの大食漢。少々じゃ間に合わない。この間も「目の奥と胃が痛い」と言うので
『そりゃ〜ゲームのし過ぎと食べ過ぎよ。今夜はおかゆにしよう』
「おかゆはいやだ〜」

「大ママ〜 腹減った〜」
『胃が痛かったんじゃないの?』
「うん 胃は痛いけど腹は減るの」

まあ? このセリフ 思春期の女の子の言うことか?とにかく食い意地が張っている。
夕食は消化のいいものを作り量を少なめに盛り付けたら どうも足りなかった様子で 後で冷蔵庫の中を物色。太目も何もおかまいなし。
大ママのご飯はおいしいと言って食べてくれるのは嬉しいけれど どこまで食べさせていいものかと悩ましい。タニタ食堂のレシピでも参考に考えてみますかレストラン  


 
posted by 大ママ at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 颯湖と蓮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

認知症?

先程 区の高齢サービス課 介護予防係からの「介護予防チェックリスト」に回答した「結果アドバイス票」が届いた。総合判定結果は「体を動かす機能やお口の状態などについては今のところ問題はないようです。以下の各項目のアドバイスをご覧いただき これからも元気な生活を送りましょう」と言うものだった。
「生活機能 運動機能 栄養状態 口腔機能 閉じこもり うつ」の項目はすべて「心配ありません」の結果。ただ「認知症」については「気を付けましょう」という結果であった。

認知症についての質問は3つ。
@ 周りの人から「いつも同じことを聞く」などの物忘れがあるといわれますか。 
A 自分で電話番号を調べて 電話をかけることをしていますか。 
B 今日が何月何日かわからない時がありますか。 

この3つのうち1つ以上に該当すれば「認知症」要注意!なんですって。
@については「いつも同じことを聞く」と言われたことは無いが 自分で物を仕舞ったところを忘れて探し物をすることはしばしば。
Bについては何月か忘れることはまず無いが 何日だったっけと新聞を見たり手帳を開いたりすることは度々ある。

こんな質問で認知症が判断できるのだろうか? このくらいの事は歳とれば当たり前じゃないの? 勿論このアンケートで認知症と判断したわけではないが・・
今週土曜日「認知症についての勉強会」があるので よくよく聞いてこよう耳

14歳の孫曰く「私でも何日だか忘れることあるよ」 
「あんたも認知症だ〜」わーい(嬉しい顔)



 
posted by 大ママ at 16:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

おまけの旅

6月11日(水)晴時々雨
残念ながら九重旅行に行けなかった3女のYさんの見舞い方々旅行の報告やら実家の墓参りに 姉妹4人で三次へいく。彼女に4人揃って会いに行くのは2年振りいや3年? Yさんはまずまず元気そうなので安心した。彼女もとても喜んでくれた。次回の旅は「三次の近場にすることにして それまでYさんはリハビリに専念して5人姉妹揃って行こう」と約束をした。勿論 Yさんだけではない。私たちもサルコぺニアにならないよう 健康維持を図るよう心掛けなければならないと思った。このところさぼっていた筋トレやストレッチを再開しなくては。今度の旅行で感じたことは70歳前半の2人の妹と義弟は やっぱり元気。歩くのも速い。80歳代組とは違う。お陰様で色々と世話をしてもらい大いに助かった。有難う。

すべての日程は終わり 6月12日 東京組2人帰京。お疲れさまでした。しっかり息抜きができました。
次日より 日常の生活に戻る




 
posted by 大ママ at 12:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

九重のミヤマキリシマを訪ねて〜 (3)

旅行第2日: 6月10日(火)晴れ 
朝の露天風呂はすがすがしい。この牧ノ戸温泉はマナスル登山隊長 槇 有恒氏が命名したとか。
8時50分 ホテル出発。ふと「なんで8時50分て半端な時間なの?」レンタカーでのんびり・ふらり旅なんだから9時でもよさそうなのにと疑問が・・。義弟曰く「先ずこれから行く長者原ビジターセンターの開館が9時です。そこまで約10分かかるのでそれに合わせて・・日程表ではそうなっています」あゝ そうなんだ。

先ず長者原ビジターセンターで 九重の自然や文化についてお勉強。レクチャールームでは@九重連山の四季 A自然と人が育むタデ原湿原の姿をハイビジョン映像で鑑賞。その他九重やビジターセンターに隣接するラムサール条約登録湿地のタデ原湿原の植物や昆虫 鳥などの展示を見る。

ビジターセンターの裏側を出るとすぐにタデ湿原につながる。かなり広い湿原は散策ルートに広い木道が整備されていて 車椅子でも散策出来るようになっている。以前私が九重に来ていた頃はまだラムサール条約に登録されていなかった頃で 細い道が通っているだけだった。
心地よい風に吹かれながら 散策。あまり多くの花は咲いていなかったが シライトソウ・ウマノアシガタ・ノアザミ・チガヤ・イブキトラノオやハルリンドウなどが見られた。このタデ原には山で見られるミヤマキリシマの群落はないが生育しているという事だ。私たちの歩いたコースはタデ原のごく一部で 勿論ミヤマキリシマは無かった。湿原に続く森の中の散策ルートを行けば会えたかも知れないが。
木道の所々に四角い椅子がしつらえてあり 腰を掛けて飴玉でもしゃぶりながら一休み。これから三俣山へ登るのか坊ガツル方面へ行くのか数人の登山のグループが向こうの道を歩いているのが見える。4人姉妹 辺りの山々や広がる湿原を眺めながら おしゃべり。至福のひとときを過ごした。

もしかして 牧ノ戸登山口辺りで ミヤマキリシマに会えるかもしれないという事で 行って見ることにした。あちこち咲いているようだったが やはり群落は見えなかった。これも自然現象だから仕方ない。まあ〜
星生山の1ヶ所でも見えたから 良しとしよう。
もう一度長者原登山口まで引返して昼食。土地の名物「ダンゴ汁」を食べる。多分昔は「ダゴ汁」と言ってたような気がするが・・このダンゴは丸くなく きしめんをもっと幅広く厚くしたような形でかぼちゃや人参など野菜がたっぷりの味噌仕立ての素朴な味の汁である。おいしかった。
お土産にダンゴ汁と柚子胡椒と阿蘇の高菜漬(細い高菜)を買った。これで九重とはお別れ。一路別府駅へ。

別府15:53 ソニック44号ーー小倉17:22 のぞみ54号−−広島16:07着 天気も良かったし全員無事に楽しい旅を終える。









 
posted by 大ママ at 10:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする